家族のためのメモリアル写真雑貨アドバイザーべら美のブログ・静岡県伊豆の国市

ペーパークラフトを楽しみながら写真整理できる「メモリアル写真雑貨」講師のブログ。静岡県伊豆の国市

針箱ノスタルジィ

みなさん、自分の針箱持ってますか?
ソーイングボックスなんて洒落た言い方もありますが、ここはあえて「針箱」で。

洋裁好きな母の針箱に憧れていた私が初めてmy針箱を持ったのは、7歳のとき。
いかにも子供っぽい、クッキーの丸い空き缶でした。
中には
自分で作った針山(やはりピンクッションなどと言うお洒落な感じではないw)
母に分けてもらった縫い針とまち針を刺し
これまた母にもらった端布をごちゃっと入れただけ。
でも私には宝箱だった。

それから

様々な大小の空き缶が私の針箱となり

この針箱に落ち着いたのが、10年ほど前。

最近はね、針箱もバリエーション豊富なんですよ。
カルトナージュとか、かごとか、レジンのレリーフがくっついてたりとか。
そんなオサレなソーイングボックスがあまたあふれる中
私がこのドがつく程にシンプルな針箱を選んだのは




子どもの頃憧れていた、母の針箱にそっくりだったから。
母のは中が赤いフェルト張りだったんだけど
あれは糸くずが付いて大変そうだったから、そこは深追いしなかった


今でも針山は自分で作ったもの。さすがに7歳の時のじゃないけどね。


結局
布ではなく紙の人になってしまっておりますが
私の手づくりの原点となっているのは、紛れもなくこの針箱です。


ちなみに、針箱の中身で一番古いものは…
小学校3年生の時、おこづかいで買ったクロバーの刺しゅう針。
もちろんまだ現役で活躍中。