家族のためのメモリアル写真雑貨アドバイザーべら美のブログ・静岡県伊豆の国市

ペーパークラフトを楽しみながら写真整理できる「メモリアル写真雑貨」講師のブログ。静岡県伊豆の国市

母vs息子の不毛な攻防(しかも年またぎ)

「んもう、何度言ったら分かるんだYO!ムカムカ

という怒号…もう何度目だろうか。


「」(会話文)を入れた文章を作るという冬休みの宿題。

年末から幾度となくやり直しているのに
書いている最中にも注意しているのに

またしても会話文のない文章を完成させ
「できたよ!」
と満面の笑みで見せに来る小2男児。


ガクリ


いいか

どうやっても「」は入れなきゃなんないんだから
まず「」から考えるんだよ
「」を決めたら、その前後は簡単に書けるでしょうよ

前には「」に至るまでの経緯を
後ろには「」と言った結果を

それで無問題でしょうよ

と、必ず「」を入れられるプロセスをその都度説明するも
(もちろん本人にはもっと噛み砕いて話をしています)

でも本人は

「それじゃはみ出しちゃう~(泣)」
→紙面の都合で字数制限がなかなかシビア

「それじゃ説明が足りなくなっちゃう~(泣)」
→会話文を入れる事で文章が削られるのが気に入らない

とグズるばかり。



分かりました。分かりましたYO。

かかちゃんはもう何も言うまい。


そのまま出すがいい。

そして学校で笑われておいで。



で、3学期になったら
「こうやるといいよ、って先生が教えてくれた!」って
私が言ったのをそっくりそのまま
ドヤ顔で教えてくれるんだろうよ。








私の教え方、そんなにマズイのかな…








国家資格じゃないけど、曲がりなりにも
他人様にものを教える仕事なんですけどガクリ