家族のためのメモリアル写真雑貨アドバイザーべら美のブログ・静岡県伊豆の国市

ペーパークラフトを楽しみながら写真整理できる「メモリアル写真雑貨」講師のブログ。静岡県伊豆の国市

べら美の生い立ち⑧ 眠れるアラサー、動く。

バックナンバーはこちらからどうぞ

 

べら美の生い立ち ~もくじ~

 

 

 

薬もなくなり、日々をつつがなく過ごせるようになってきたところで
改めて退職について考えました。

 


結果、2006年6月に退職。

 


退職したことで、ますます身も心も軽くなりました。

 


退職記念に、1週間実家に帰省して伊東観光(笑)
当時まだ無料で入れた東海館に行ったり
始めたばかりのmixiで知り合ったお友達に会いに行ったり
この頃の伊豆半島には私のようなmixi初心者がたくさんいて
オフ会やったり、マイミクさん(笑)のお店に行ったりといったリアルな交流に発展するのが当たり前でした。
親しくなるのも早かったけど、もめ事もままあった()
宇佐美や伊東にはこの頃からの友達が多いです。

 

 

7月中は保険証の手続きに時間がかかり、クリニックも行かず…

 

 

そして迎えた8月2日。

 


「そろそろ、いいかもしれませんね」
「もしまた具合が悪くなるようであれば、その時に来てください」

 


ついに、ついに、ついに。
3年余りの闘いが終わりました。


寛快10周年記念にその日の事を書いた記事
10年前を思い出す

 

会社を辞めてまずやりたかったのは…アルバイト。
大好きでよく通っていたカルディで働き始めました。

お店や商品が好きで働いている人が多かったので
社員さんもバイトもモチベーションが高く、とても刺激になりました。

 

まだぼんやりしていた頭のリハビリもかねて
独身の頃から楽しんでいたアロマテラピーの検定も受けました。

 

今までは考えられなかった、伊東日帰りツアーも決行。
mixiのおかげで、伊東の友達が増えました。
色んな人がいて、自分がどれだけ狭い世界にいたかを思い知りました。

 

 

 

うつを克服し、一気に目の前が開けた私はある決断をします。

 

 

 

 

それは、夫との別れでした。

 

 

 

べら美の生い立ち⑨ 29歳の別れと初めてのひとり暮らし