家族のためのメモリアル写真雑貨アドバイザーべら美のブログ・静岡県伊豆の国市

ペーパークラフトを楽しみながら写真整理できる「メモリアル写真雑貨」講師のブログ。静岡県伊豆の国市

髪がものすごく伸びたのでヘアドネーションに挑戦してみた

【ヘアドネーションとは】
「子供の医療用ウィッグ」の
原料=人毛を寄付すること。

ドネーション目的ではなかったけど
人生最長まで伸ばした髪を
活かせるならばと思い決行。
幸い
パーマもカラーも何年もやってない
正真正銘のバージンヘア。
子供のウィッグにするには
なかなかの好条件なはず。
※パーマやカラーが入っていても
送ることができる。

①どこで切るかを決める
ドネーションサロン(賛同サロン)なら
切った髪の発送をしてくれる…などの
サービスが受けられる。
ただし、一定の要件を満たしていれば
自分でも簡単に送ることができる。
その場合は
切った髪を持ち帰れるかはもちろん
送るためのカットを協力してくれる
サロンを見つけること。

行きつけのサロンが
ドネーションサロンなのがベストだけど
そううまくいくものでもない。

今回私は
カットだけ行きつけのサロンに
協力していただき
自分で発送した。


②発送の準備

f:id:butamantabetai:20171004064253j:plain

切った髪をすぐに送れるように準備。
送る用の封筒に宛名を書き
受領書が欲しかったので
返信用封筒も入れることに。
いやだって初めてだしさ←
そう何度もできるかも分からないしさ

③いざ、カット!

f:id:butamantabetai:20171004064334j:plain

送る髪は
完全に乾いてなければならないので
サロン予約時に伝えておくと◎。
送る髪は31cm以上の長さが必要。
(15cm~受け付けている団体も)
これは思った以上にハードルが高く
ウエスト辺りに届くくらいの長さでも
サイドは31cmギリギリだった。
※50cmオーバーを目指している人は
お尻が隠れるくらいまで必要かも。


④髪を受け取り、発送
送る用の髪をカットしたら
後は通常のサロンと一緒。
帰れる状態に←カットしてもらう。
賛同サロンであれば
サロンが発送も代行してくれる。

私の場合は自分で発送した。
「素人が個人で保管する期間は
できるだけ短い方がいい」
と思ったので
その場で封入して
家に帰る途中で発送した。
自宅保管期間ゼロ。鮮度抜群。

 

以上、私のヘアドネーション体験。
無事に使ってもらえるといいな。


実は去年あたり
お勤めしてないのをいいことに
アニメみたいなパステルカラーに
しちゃおうかなとか
そんなご乱心が一瞬あったのだけど
や~よかった~~やらなくて。

 

髪を送った団体

www.jhdac.org


協力していただいたサロン

www.shizuoka-navichi.net







【ホームページもあるよ】
家族のための
メモリアル写真雑貨アドバイザーべら美
@伊豆の国市

https://bellacrop.jimdo.com/

【レッスン】

「家族のためのメモリアル写真雑貨」の
作り方レッスンを開催しています。

 
【こんな方にオススメ】
チェック(透過)溜まりに溜まった子どもの写真を何とかしたい
チェック(透過)想い出の家族写真を楽しく飾りたい
チェック(透過)手づくりが好き
チェック(透過)人とは違ったアルバムが欲しい
チェック(透過)写真をオシャレにプレゼントしたい
チェック(透過)娘がお嫁に行く時に、想いのこもった手づくりアルバムを持たせたい
 

【こんな場所にお呼びいただきました】
チェック(透過)PTAのイベントや家庭教育学級
チェック(透過)子育てサークルやママ友グループ
チェック(透過)高校の非常勤講師
チェック(透過)ワークショップや教室を開催しているカフェ・サロン
チェック(透過)定休日や開店前の店舗を有効活用したいお店
チェック(透過)自治体主催のイベント

矢印サービスメニューのご案内